logo ようこそ、ゲストさん - <ブログ版HP> - リンク - ユーザ登録 - ログアウト
 
ホーム  秀男記念館  掲示板  予定表  ダウンロード 04月03日(Fri)

メインメニュー
検索
リンク集のカテゴリ一覧

logo

WEBリンク集



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (0)  |  相互リンクサイト (0)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (3)  |  RSS/ATOM 記事 (1756)  |  ランダムジャンプ  

RSS/ATOM 記事 (1756)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

ゴールド三馬自転車 「第7回」  from 昭和自転車 Vintage Japanese Bicycles  (2020-3-29 8:24) 
I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels. ここまで復元できたのは実に細かい作業です。 一体どうやってHさんはこんなに複製できたのだろう?? この「コールド三馬自転車」の連載で優れた修復を目の当たりにしました。 ゴールド三馬自転車「ジャンクそれともお宝 第1回」 ゴールド三馬自転車「ジャンクそれともお宝 第2回」 ゴールド三馬自転車「ジャンクそれともお宝 第3回」 ゴールド三馬自転車「ジャンクそれともお宝 第4回」 ゴールド三馬自転車「ジャンクそれともお宝 第5回」 ゴールド三馬自転車「ジャンクそれともお宝 第6回」 注目すべき点は数多くありますが、その中で上位になるのは妥協せずいかにオリジナル姿を忠実に再現すること。 特に素晴らしいのがマーク(転写)類です。 一回目の 山口自轉車マルワイ號 では、シルクスクリーンの版の作成のみを外注して、これを用いて転写(デカール)に印刷したとのこと。 今回は全てご自身での塗装。 塗装?一体どうやって?と聞きたくなりますよね。 Hさんは、どのようにしてマーキングを再現したのか見てみましょ ...
オレ達の仕事  from charipro Diary |チャリプロ ダイアリー  (2020-3-17 18:16) 
「カラダの準備」(ザックリ)基礎体力 また「(脳の)命令系統」全てに尽きる 全てのプロスポーツ選手 プロを目指すアンダー ビジネスマンアスリート また年齢性別問わず全ての成人 ヒトのカラダ「健康」とした基準よりパフォーマンスは測られる訳で『内分泌 / TCAサイクル(クレブス回路) / OBLA(Onset of Blood Lactate Accumulation) / 200個の骨 / 300ヶ所の関節 / 600種の筋肉 / 3種類の筋繊維 (Type1. Type2a. Type 2b) / 随意筋と不随意筋 / 60兆個の神経細胞』 まあ解剖学と運動生理学 2008年より単独で開催し始めたセミナーで唱え続け まだ当初(国内の)自転車界では語れていなかった「AT(Anaerobic Threshold LT(Lactate Threshold VT(Ventilation Threshold)」を説いていたんだけど 日々自身での下調べ(学ぶ時間)過程で イタリアの論文と出逢い 当時は「イタリアのコンコーニらのチームの論文で発表された」と前置きされていた仕組み 当初はまだ立証に至っていなかった文献「OBLA(Onset of Blood Lactate Accumulation): 論文 」 ボク的な判断で 確信の基セミナーでは既に引用し解説し続けていて 現在では常識となり スポーツ ...
Gold Mitsuuma (Part 7)  from 昭和自転車 Vintage Japanese Bicycles  (2020-3-15 18:32) 
次回この記事の日本語版を投稿します。 Attention to detail.? But how?? How does one replicate markings to this degree of fine detail? Together throughout this series (links below) we have witnessed a superior restoration. Gold Mitsuuma "Junk or Jewel" (Part 1) Gold Mitsuuma "Junk or Jewel" (Part 2) Gold Mitsuuma "Junk or Jewel" (Part 3) Gold Mitsuuma "Junk or Jewel" (Part 4) Gold Mitsuuma "Junk or Jewel" (Part 5) Gold Mitsuuma "Junk or Jewel" (Part 6) Although there are many noteworthy aspects, high on the list has got to be the dedication to original detail. Especially, markings.? Unlike his first project Yamaguchi MARUWAI-GO , where Mr. H had the decals recreated, in this project Mr. H did them all himself using paint.? "But how?", you may ask.? Mr. H was kind enough to share how he managed to recreate the markings so let's take a look. According to Mr. H, the hardest part is research.? Finding a photo of a bicycle manufactured over 65 years ago is har ...
ALL FOR ONE|GreenEDGE  from charipro Diary |チャリプロ ダイアリー  (2020-3-4 8:33) 
レースを始めた当初(中学生)「ヤング・ゼネレーション(原題:Breaking Away)」を観た以来 今回は仕事として映画を視てきた 栄光のマイヨジョーヌ(原題:ALL FOR ONE) https://www.greenedge-movie.com/ Australian team GreenEDGE(現 Mitchelton-Scott)5年間の製作ドキュメンタリー 開始早々当時の監督(現UAE Sports Director)ニール・スティーブンス(NEIL STEPHENS)が語り始め Esteban Chaves選手(コロンビア)&nbsp;Mathew Hayman選手(オーストラリア Untill 20/01 2019)フォーカス チーム全体が焦点された 臨場感が伝わってくる「プロスポーツチーム」魅せられた もの凄く素敵な実写でした 若干この国内では誤解を招く懸念はあって「楽しむ」の意味 現役のアンダーの選手 間違ってぬるい方向で解釈してしまいそうだ 劇中で語るチャベス選手がレースに臨む姿勢「(めいっぱい頑張っているつもりだったけど まだそれではダメで)More hard...(もっと追い込まなきゃダメ)」(スティーブンス)監督からの指導で もっと厳しく追い込む必要性を 既にトッププロチームに所属し結果に臨む必要性を 楽しそうに(厳しいことに臨む楽し ...
《誕生》Arancia Collina Club Ciclista  from charipro Diary |チャリプロ ダイアリー  (2020-3-1 17:31) 
新しく静岡県遠州浜松を拠点としたクラブチームが誕生しました Arancia Collina Club Ciclista ( Facebook ) ボクも地域のクラブチーム出身なので 設立のコンセプト とってもスマートで共感 そもそもクラブチームのカタチ(欧州でも同様)子供から大人まで 個人のレベルで自転車レースを楽しむ場所で そこに自転車屋さんがサポートする仕組み(かつての駒沢ホタルレーシングクラブがあり エノモトサイクルが協力)こんなクラブチームから 領域を超えるアンダーがプロを目指す訳で 各自が純粋に自転車レースやイベントを貪欲に楽しむ場所 そこに商業的な打算や利害など無縁な環境でなければ意味がなく そんな仕組みだからこそサポーターが集まる訳だ この国内 メディアも業界も決して有効に機能していない事情 またサイクリング人口も 国内独自の運動会化に移行してしまっている深刻な状況からも レースの環境も活性が滞ってしまっている クラブチームの役割には 年齢やキャリアを問わず教育や育成を担う学ぶ場でもあるので こうしたクラブチームの誕生こそが この国のサイクリング環境には絶対に必要なんだ 今後の活動 ボクも僕らも全力で ...
ゴールド三馬自転車 「ジャンクそれともお宝 第6回」  from 昭和自転車 Vintage Japanese Bicycles  (2020-2-29 18:51) 
I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels. ゴールド三馬自転車連載の 「ジャンクそれともお宝 第5回」 で予告したように、 詳細 ? を2回に分けて見ています。 これが詳細の後半となります。 自転車の右側です。 「ジャンクそれともお宝 第5回」 にて自転車前半シートチューブまで見ました。 今回は、 チェーンケース から少しずつ後ろへ。 チェーンケースが上下に分かれる、 ツーピーススプリットケース 。 Hさんは、オリジナルパーツを再利用できるように全力を尽くして甦らせています。 チェ―ンケースがその努力を表しています。 チェーンケースの元の状態をよく見て下さい。 私でしたら交換せざるを得ないと思い込みますが、Hさんは違います! 言葉は不要!! ビフォア・アフター写真が全てを物語ります!! 自転車の左側。 ゴムブロックが結構擦り減っていてよく乗られた証です。 ゴムブロックは劣化して交換せざるを得なかったようですが、 同年代のゴムブロックを入手して使用していま ...
【メンバー募集】シープロクラブ会員(C Pro club members)  from charipro Diary |チャリプロ ダイアリー  (2020-2-27 13:42) 
「シープロクラブ会員(C Pro club members)」 2020年4月より開始します 港区の施設にて会員制のクラブを始めます 健康管理やトレーニングをベースに パフォーマンスや座学 またサイクリングのそもそもなど ニーズに応えたセッションと 情報交換のコミュニティの場として運営してまいります 「可能な限りパーソナルで対応できるよう目指します」問診やカウンセリング ケガや不具合などの診断と修復 トレーニング・ストレッチング一緒にやりましょう コンディショニング・メディカルチェックなど健康管理 座学(解剖学・運動生理学・内分泌)など仕組みや理論のウソホント 食事と摂取(アスリートの食事 補給食やサプリメント) フィッティング・ポジション・セッティング全部診ます 欧州のレースの解説 そもそもの根本的な自転車レースのこと(練習 練習コース 基礎って)間違ってない? そうそうイマサラ聴けないことなど いっぱいあるかと思います  まあ「雑談」(珈琲・ビール ご一緒してください) 欧州のレース(VTR)観ながら楽しみましょう 予約不要のフリーセッション ====================== 実施開催:毎月1回 第2土曜日 14 ...
組みなおしだ  from charipro Diary |チャリプロ ダイアリー  (2020-2-22 6:28) 
港区に移りオペレーション 1か月 綱渡りな実態は実際「綱」のない まあそんなたかみではなく地べたを這うような 石橋を叩くような歩みができるひど器用ではない訳で 目の前の勝負ではなく「勝ち方にこだわる」そのプロセスがなにより そんなことを言っているから いつまで経っても精神論での進歩に至らない訳だ もっと建設的に物事を組むことができれば 少しはスマートに辿ることができるのに 自分が想う仕事のクオリティー 決してカッコいい訳ではないけど 結果を生み出すためのプロセス わずかでも妥協はできない やっぱり フフフ ようやく「考える仕事」の時間枠 隙間ではなく組むことができるように またこの許せないカラダも限界で 戻し改善させパフォーマンスまで創りなおさなければ 恵まれた環境でいられることに感謝だ 実行と結果 こだわってまいります ご質問 問い合わせなどは  ココ charipro SeijiSaito Official website: http://www.charipro.com/
選手の資質  from charipro Diary |チャリプロ ダイアリー  (2020-2-17 18:00) 
南半球のレース事情から 1月よりUCIのレースもメジャーとなり 各選手(プロを目指す選手からトッププロに至るまで)「仕上げ方」はそれぞれ多岐にわたるようになってきている まあでも実際に ヤルことは決まっている訳で 歴史と伝統 学術的にもアップデートを繰り返してきても 決まったことから始められなければ 選手のカラダを創ることはできない訳で いわゆる「地脚」基礎のベースになる脚を運動生理学の基「内分泌」内臓の仕組みや赤血球のサイクルより 心臓の機能と筋繊維を同調させつつ 脳からの命令系統(随意運動と不随意運動への移行)を更に同化させ身に着ける基礎(ザックリだけど)からでなければ レースで競うまでの脚には至らない 雑なことをしているようでは いや更に戻って「的外れ」なことをしているようでは 運動会のレベルから離れることはできないってことになる 欧州の伝統(選手の創り方)を真向拒否でもしているかと痛感させられるこの国(日本)または(欧州とは)環境が全く異なるにも関わらず そっくりのもまま日本に当てハメようとするサマ 本当に不思議だ フランス本国では年間(UCI〜街のレースまで)6.000以上も ...
Gold Mitsuuma?Junk or Jewel″ (Part 6)  from 昭和自転車 Vintage Japanese Bicycles  (2020-2-15 21:44) 
次回この記事の日本語版を投稿します。 As mentioned in the previous post,? Gold Mitsuuma?Junk or Jewel″ (Part 5), in this installment we shall continue to examine the remaining? details on this bicycle.? Let's start at the right side.? ?In Part 5 we covered the front half up to the seat tube. We shall start with the chaincase and continue working toward the rear. This is an? upper-lower split-type chaincase. The chaincase is a perfect example of Mr. H's policy of "re-use" and "restore" original parts whenever possible and only "replace" as a last resort.? This can only be described as "Mr. H Magic".? Amazing! No need for words here, the "before" and "after" photos say it all. Let's turn our attention to the left-side. The original pedal rubber blocks were severly worn down? indicating this bicycle saw quite a bit of use . Rubber blocks are replacements.? Great effort poured into f ...



(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 [176] » 
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project : theme4u