logo ようこそ、ゲストさん - <ブログ版HP> - リンク - ユーザ登録 - ログアウト
 
ホーム  秀男記念館  掲示板  予定表  ダウンロード 08月13日(Thu)

メインメニュー
検索
リンク集のカテゴリ一覧

logo

WEBリンク集



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (0)  |  相互リンクサイト (0)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (3)  |  RSS/ATOM 記事 (1781)  |  ランダムジャンプ  

RSS/ATOM 記事 (1781)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

課題の回答|Modify season  from charipro Diary |チャリプロ ダイアリー  (2020-8-11 10:49) 
&nbsp; この国内もタラタラとシーズンが始まって 結局今季もこうした責務での帯同となり 現場でのオレの仕事 シーズンが始まった 時代と共に変化する事案は「良くも悪くも」 華やかに輝き始めた部分と 足踏みをしているだけで 脚もとのステージから抜け出すことができないことに気がつかない事実があったりと まるで ドライビング中に 楽しい話に夢中になってて ジャンクションを間違えてしまっても 気がつかない事実や 引き返すことに気がつかなかったり そもそものジャンクションを知ることができない場合なんかも多いような なにをもって「楽しむ」に値するのかの勘違い 時間を持て余しながら じっとしていて強くなる法則は存在しない訳で 練習せずに速くなる選手の存在も有り得なく またかと言って 闇雲に(頑張って)時間を掛ければ成せることでもない まあ現在関わり携わることは かつての時代でも同様な 同じことを映してきているって 時代が止まっているように脳に浮かぶことは 今も昔も結局は「答えは決まっている」ってことなんだよね そこそこのチームで 選手がまとまって練習してても(同じ時間で同じ距離)一緒に走っていて ...
山中湖サイクリング|練習クラブ予備練習  from charipro Diary |チャリプロ ダイアリー  (2020-8-3 11:57) 
標高1000m「涼しい」80? 3時間 最高でした 前倒しで告知し募集をしてみたんだけど「反応薄(泣)」じゃあ いつものメンツでのんびりサイクリングでもと この時期なので 涼にも浸ろうかと「山中湖サイクリングベース」に集結 結局こんなメンバーで 選手にもガイドしてもらいながら 河口湖をかすめ 西湖周回と 梅雨も空けガッツリ日焼け オレ的には数か月(半年以上)ぶりの3時間ライド 脚がツリそうなギリギリで 程よい良い練習になった  この日の前日は AACA(三重県いなべ市)レース帯同 この日この地域「超熱暑」1.8km周回クリテ(40周 72km)どうせクリテと若干ナメテて 現場に入ってコースを確認すると ガッツリ地脚を削る設定 しかもこの猛暑「ヤバイ準備不足だ」周回ごとに冷えたボトルを選手へ渡したいところ 簡易の保冷バッグ程度で 更にしかもレース中に水を買い出しに行く始末 昨年からこれまでのレースサポートは「完璧」で臨んでいただけに 今季初戦 トレーニングレースではあるものの大反省だった レースについては改めて書くことにします ってことで連戦 この「COVID19」の時代 集う練習 なかなか出にくい ...
Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 4)  from 昭和自転車 Vintage Japanese Bicycles  (2020-7-31 13:00) 
次回この記事の日本語版を投稿します。 In the previous three posts, Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 1) , Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 2) , and Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 3) ?we took a look at the three most popular sprung leather bicycle saddle styles from the 1950's : hammock saddle (800 series) ,? 3-spring saddle (750 series) ?and 900 series . Starting with this installment we shall begin to look at a few of the lesser known styles?from the 1950's .? First up is this unusual design. Depending on the manufacturer the model number varied but was most commony referred to as the 500 series, with other variants depending on the type of suspension in the nose. It has loops in the nose, similar to the 800 series ?and 900 series , and, two coiled springs in the back similar to the 750 series ?and 900 series. What sets this sadde apart from the others is its unique base spring (wires) which are looped. Two coiled springs in the back. ...
サス付き革製サドル(第三回)  from 昭和自転車 Vintage Japanese Bicycles  (2020-7-31 5:59) 
I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels. 今まで 「サス付き革製サドル第一回」 と 「サス付き革製サドル第二回」 ?の記事で、 ハンモックサドル と 3本付きサドル を見て来ました。 私はオールドスクール(保守的)なので、 なるべく シンプル で作りがよいモノを選び、マスマーケティングや流行に流されないように気を付けている、 と述べました。 シンプルで 本物の材質 で作られているものを手入れし、より長持ちさせるのが好きです。 手入れをすれば、そのモノが恩返ししてくれると信じています。 革製サドルも手入れすれば 乗り心地が良く長持ちします。 この連載では、昭和20年代後半~30年代前半、革製サドルは形よりもサスの種類が多かったです。 今回は、最も一般的なモデルを取り上げます。 それは3本バネサス付きのモデルです。 革製サドル製造会社によってモデル番号が異なっていましたが、3本バネ付きサスサドルは通常750系と呼ばれていました。 今回取り上げるサドルは、 ハンモックサドル ?(800系) と 3本バネ付きサドル ?(750系) の組合せモデルです。 この組み合わせモデルは通常90 ...
Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 3)  from 昭和自転車 Vintage Japanese Bicycles  (2020-7-31 5:59) 
次回この記事の日本語版を投稿します。 In the previous two posts, Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 1) , and Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 2) , we took a look at the hammock saddle ?and? 3-spring saddle. ? I mentioned that I am old fashioned,?I make a conscious effort to appreciate the? simple ?things and not allow myself to be carried away by mass marketing and conspicuous consumption.? I enjoy taking care of things that are made well from genuine materials. ? I believe?that, if you take care of "something", that "something" will take care of you.? Sprung leather saddles are a good example,? if one takes care of the leather , the saddle will provide long lasting comfort, and, last a long time. In this series we are looking at? a few of the main models from the 1950's , focusing on the suspension as the majority of the saddles varied mainly based more on how the saddle was sprung, i.e. the suspension, rather than the top profile.? In this installment, let's take a ...
強くなるプロセス|U23  from charipro Diary |チャリプロ ダイアリー  (2020-7-29 17:40) 
籠坂の下り ブレーキングからサイドウォール利かせ 走りの基本(習った)「もっと丁寧に」雑な操作では ハンドルきっても曲がらない レーキ踏んでも止まらない アクセル踏んでも加速しない 我流で始めたモータースポーツ 当初ヒア汗流しながら学んできたことを思い出す レースで勝つためには 練習をしなければ思うように走ることができない訳で レベルの向上したカテゴリーにおいては「タマタマ」なんてことは存在せず 特に自転車ロードレースでは「判断力」を身に着けることが実力に直結する 「逃げる」同じ逃げでも ワールドツアーのレースの逃げと ネオプロに至る過程でのアマチュアレースでの逃げとでは 全く種類が異なるレースになる 欧州のプロ選手になる プロセスには全て通る過程の「逃げる」とは「他人の選手の創った逃げに載る」などと言った他の選手頼りのメンタル(考え方)では 厳しいレースで軽く叩き潰されてしまう 「自力で逃げ切る」そんな選手が自分以外に存在し 独走で逃げようとする選手が複数で創る 数名の選手が形成する集団ができ メイン集団から逃げる まあアタック(?)し後ろを振り返りながら図っているような ...
メンテナンス|トレーナーの仕事  from charipro Diary |チャリプロ ダイアリー  (2020-7-12 4:12) 
アスリートの基本「歯」 まあ過去の理論では「噛みくいシバル」だけど 現代では「喰らう理論」喰うことが練習(レース)同様に 勝つための条件になるってこと なので噛み合わせと そもそもの闘うための「歯」はパフォーマンスと直結 アンダーの育成でも 入口の段階で指導する基本 今季は早々 感染症の事情からシーズンがモタツキ 国内の状況以上に 海外の動きが止まっているので 検算作業を含め諸々の仕事も減り時間にゆとりが生まれ 3月から歯科のメンテナンスを根本的な診治しも開始でき週1で通院ができている まあいい機会なので徹底的に 根本的な基礎からの診治しに着手している 衛星やクリーニングの徹底から 犬歯の再生 噛み合わせの修正 1本づつの形成 根の治療 色の調整(ホワイトニング) まあ虫歯はないので痛い治療は無いんだけど 概ね秋頃までは要するのか そんなスケジュールを組んでいる  ここにきて 選手からも身体の(不具合)訴えも来ていて アンダー(U23)の選手の場合は本当に微妙なケースが多くって(欧州のプロになるための)時間に限りがあるので「故障者リスト(Injured list)」扱いにすると腰を据えた方針( ...
Stepping stone|(U23) チームは通過点  from charipro Diary |チャリプロ ダイアリー  (2020-7-6 12:15) 
定員2名の狭い部屋に野郎が4人 クドイ話しを聴きくる メンタルクリーニング 選手に携わるトレーナーとしては とっても重要で必要なセッションだ まそもそも「(U23までの) チームは通過点にすぎない」出入りは自由! とっとと通り過ぎていく場所でなければ意味がない 世界の自転車レース 界(チーム)での常識 選手がチームを選び 望むチームへ選手を連れていくことがオレ達の仕事で責務 そのための指導や教育を在籍する選手へ遠慮なく妥協なく チームの役割って選手の想いと能力を膨らませることに執着 決して抱え込むなどと言った島国根性はど存在しない いつも言っていることだけど「オレらは選ばれる側」また「選手から来なければ始まらない」「教えさせてくださいと頼むことはない」そう 選手は『自らの行動』この才能から始めることができなければ そもそもの選手の(身体的な)才能には至らない訳で「プロに臨む資格」とでも言い替えるのか そこには(オレら側)少なくともネットワークやコネクションって基盤があっての話しで 欧州の(プロチームを含め)チームであるような「つながり」監督やコーチ またトレーナーやスタッフは チーム ...
練習クラブ 2020.8月 START|募集開始  from charipro Diary |チャリプロ ダイアリー  (2020-6-27 9:14) 
今季は前倒しで開始します 2020年8月2日(日)〜 2021年2月末(暫定) 練習クラブは チームではありません 隔たりなく練習するところです 【募集】 ?社会人選手 ?社会人サイクリスト ?アンダーの選手(U15 U17 ジュニア U23) 対象:性別 年齢 キャリア 問わず 真剣に練習を考える自転車乗り 全員 期間 1:2020年8月2日(日)より 毎月第1日曜日  期間 2:2020年12月 〜 2021年1月 2月 毎週日曜日 (レースカレンダーによりスライド お休み 事前調整します) 移動:各自現地集合 または 都内所定の場所より 練習場所までのピックアップします 会費:10.000円(期間会費) ※アンダー無料 COVID-19 Policy https://charipro.blogspot.com/2020/06/share-covid-19-prevention.html 【練習】 1-千葉のコースで練習します(信号はありません) 2-オールフラット または 緩い傾斜のアップダウン まあこんな状況 練習以前に運動不足(笑)ですので「0(ゼロ)」基礎練習から開始できます この機に我流のクセの除去 ポジションやフォームの創りなおし 下地(地脚)を身に着ける 間違わないよう確実に 目的に向けた練習をしてまいります ...
The truth|真実  from charipro Diary |チャリプロ ダイアリー  (2020-6-21 11:00) 
一昨年前に出逢い 昨年は親交を深く交わすことができた(一般社団法人)山中湖サイクリングチームの理事長と久しぶりにランチ ウチから2時間のドライブ 籠坂峠 軽く楽しんで湖畔を半周 厳選した食材を使った本格イタリアン 積もった話しは尽きず止まらず そうそう どこからか香りを嗅ぎつけて いつのまにか選手が集まってきた キャンティー・コモ https://www.yyjam.com/como 昨年末には結局(オレ)チームから離脱してしまったんだけど 昨年の主要レースにはスポーツデレクターとして帯同してきた選手達 利害は完璧に一致している連中なので 関係性にブレが生じるはずもなく 心地よい関係(オレだけ?)まあいま現在でも厳しい言語は衣着せずなんだけど選手には告げてはいて でも選手と理事長とのコミュニケートは なによりチームにとって最も重要な仕事のヒトツだし 今季は結局こんな事情(COVID19)で 世界的共通なんだけど そんなで昨年オレが離脱してから まだシーズンが始まってなかった訳で 個々の選手とは 練習やコンディショニングでのセッションで ちょくちょく会ってはいたんだけど なんか今日こんな感じになって まあ諸 ...



(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 [179] » 
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project : theme4u